1. ホーム
  2. 募集情報一覧
  3. 総合職(製造・営業・生産管理など) 【鹿児島本社】 / 正社員

現状に満足せず、進み続ける。一歩先を行く企業として創業100年を迎えたい。

総合職(製造・営業・生産管理など) 【鹿児島本社】

正社員

創業75年の老舗豆菓子メーカー。おなじみの“南国珍々豆”や“雀の学校”等の豆菓子を製造し、鹿児島で愛され続けてきました。ここ10年では地元での地位に甘んじることなく新しい価値の創造に挑戦し、新ブランド“Beans Nuts”や“umami nuts”などを立ち上げ、東京・京都にも店舗を構えています。鹿児島を代表する企業としてこれまで以上の飛躍を目指し、未来を一緒に創っていく人財を募集します。

味と品質、価格にこだわり続けて

今では当たり前になっている「食品の安心・安全」。大阪屋製菓では、創業当初からこだわり続けてここまでやって来ました。原料や人件費が高騰し続ける現在でも、味を守り品質を保ち、南国珍々豆や雀の学校は発売当初から変わら価格で販売しています。だから今でも製造工程の中に“20円”と呼ばれる作業場所があるのです。
時代の変化に対応しつつ、製造の全工程を人の手で管理、製造しています。そうやって正直に豆菓子を作ってきたから、今でも愛され続けるお菓子として鹿児島に根付いています。
その古き良き豆菓子を、若い層や女性にも好まれる新しい形にしたのが新ブランドです。いわば、豆菓子業界のパイオニア的存在です。

社長としての想い、大事にしていること

代表取締役の水野が帰鹿した当初、会社の業績は下降の一途でピーク時の半分近くまで下がっていました。従業員とその家族の生活を守る立場として、その状況を打破する取り組みへの挑戦を決意。持ち前の探求心で現状分析し、“常温・日持ち・おしゃれ・個包装”という菓子ギフトのニーズが、まさに豆菓子の特徴と合致することに着目。それまで豆菓子にはなかったおしゃれなギフトのイメージを形にしたのが“Beans nuts”でした。今では競合が出てくるほど、その価値が定着しています。
水野は目の前のことに興味を持ち、深堀りして、まずはやってみるという基本サイクルを大切にし、トライ&エラーを繰り返しながら前に進んでいます。

これから入社される人に期待すること

これからますます世の中のニーズは変化し、今まで通りとはいかなくなります。それを楽しみつつ、敏感に察知し、一緒に創り上げていける人に来てほしいです。
いくつか次の構想があり、それを実現するための力を貸してください。社内の環境整備にも力を入れているところです。

適性とやりたいこと、できることを合わせてどんな仕事をしていくのか詳細を決めていこうと思います。
今の段階では企画営業(新商品開発、新規開拓)や、製造の衛生管理・技術や業務効率の向上などを強化していきたいと考えています。
老舗の良さを残しつつ、これから先も世の中に必要とされる企業として、改革を進めていきたいと思います。

給与

日給月給 186,650円 〜 248,000円
別途、家族手当(配偶者:7,000円、子供:3,000円※2人まで)、皆勤手当(1,000円)あり。給与に固定時間外手当30時間(33,000~45,000円)を含む。

勤務地

大阪屋製菓 本社
〒892-0819 鹿児島県鹿児島市柳町10−8 MAPを見る

勤務時間

08:30 〜 17:30
休憩75分(実働7時間45分) ※残業は月平均10~20時間程度です。固定残業代には30時間分を含み、満たない場合も同額を支給します。30時間を超えた場合には超過分を別途手当を支給します。

休日

週休2日制(基本的に土曜・日曜※12月・1月は繁忙期のため土曜出勤数回あり)、GW、盆休み、年末年始休暇 ※年間休日102日

待遇

昇給年1回、賞与年2回、研修期間あり、社会保険完備、退職金制度(勤続3年以上)、定期健康診断、交通費支給(月12,000円まで)、マイカー通勤可、駐車場あり、社販制度あり、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、転勤なし、屋内の受動喫煙対策あり(屋外に喫煙場所設置)

応募資格

各種、職務経験者優遇

書類選考⇒適性検査(クレペリン検査)、面接 ※応募フォームよりご応募ください。ご応募後、選考のご案内をいたします。選考日時の調整は可能ですので、在職中の方でもご応募をお待ちしています。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

株式会社大阪屋製菓

会社名

株式会社大阪屋製菓

所在地

〒892-0819
鹿児島県鹿児島市柳町10-8

設立年月

1958年12月

代表者

水野貴之

資本金

12,000,000円

事業内容

落花生製品、木の実、豆菓子の製造及び卸業 新ブランド「BeensNuts」やプラリネ専門店「Kono.mi」を立ち上げ伝統を守りながら、次世代ブランド展開も拡大しています。

ホームページを見る